20年以上、3000件以上の症例実績全国スキンケアクリニック特別技術指導医

20年以上、3000件以上の症例実績全国スキンケアクリニック特別技術指導医

レーザーの種類

炭酸ガスレーザー LPIRアレキサンドライトレーザー
炭酸ガスレーザー LPIRアレキサンドライトレーザー

ホクロについて

ホクロは小さな円形の扁平、もしくは多少盛り上がりのある茶色もしくは黒褐色の色素斑です。日焼けには無関係で、体中のどこにでも生じます。年齢と共に数が増えたり、徐々に大きくなったり、平らな物が隆起したものに変わる事もあります。

ホクロには悪性のもの、もしくは悪性に変化をする可能性が高い物があります。このような場合は、組織を採取して病理検査を行う必要があります。ご自身での判断は取り返しのつかない事になるかもしれませんので、ご心配な方は専門医の診断を受けられる事をお勧め致します。

戴いたパンフレットのJMEC画像を調べましたがありませんでしたのでご相談させてください

サンソリット RSローション

30mL ¥4,725(本体価格¥4,500)

肌の保湿環境とバリア機能を整えるローションです。

塗布を用意にする為、キサンタンガム(食品用増粘剤)によるとこみ感を持たせています。

また、ニキビ肌や敏感肌の日常的なスキンケアとしてもお使い頂けます。

サンソリット RSファンデーション

3g ¥1,000+税

肌の色調を透明感のある自然な肌色でカバーしながら、コンディションを整えるファンデーションです。

パン酵母の有用成分(サッカロミセス溶解質エキス)と人工皮膚の原料(ヒドロキシプロピルキトサン)が肌を保護し、保湿環境を維持します。スポット的な部分仕様だけではなく、全顔仕様にも適しています。また、ニキビ肌や敏感肌の日常的なファンデーションとしてお使いいただけます。

ホクロの写真をつ以下ご準備いただく

Before
ほくろ治療前
After
ほくろ治療後

シミ・ソバカスについて

医療用ファンデーションは施術直後からご利用可能です。

シミには大きく分けて、一般的な「肝斑」と老人になって生じる「老人性色素斑」の2つが有ります。
また大きく分けて紫外線や老化によって生じる傾向があります。

「肝斑」は妊娠可能な年代の女性の顔に多く見られる茶色の色素斑で、「老人性色素斑」は日焼けが主な原因として生じる茶色の色素斑です。

その他にも、「脂漏性角化症」といって、薄褐色から黒色まで様々な色があり、中年以降に生じ、増殖するものや、「光線性花弁状色素斑」といって急激な日焼けが原因で生じるものもあります。

ソバカスは顔の中央に多発する直径数ミリの小さな色素斑です。冬は薄く春~夏は濃くなります。強い日差しを浴びると増える事が多いものです。

○ 予防

シミを増やさない、作らない為にも日焼け予防は大変重要です。肌の老化現象の約80%は日焼けが原因といわれるほど、日焼けが肌に及ぼす害は明らかです。

日焼けした肌は健康的で、魅力的な印象を与えるかも知れませんが、30代、40代と年齢が進むにつれ、日焼けによるシミやソバカス等が生じるだけでなく、シワにも悩まされることになりかねません。紫外線から肌を守るように心掛けましょう。

Before
シミ治療前
シミ治療後
After
シミ治療後②
Before
シミ治療①
シミ治療② シミ治療③
After
シミ治療④

脂漏性角化症(老人性イボ)

脂漏性角化症(老人性イボ)は、早い方で20代から徐々にできはじめ、30代・40代で色が濃くなり目立つようになります。

脂漏性角化症(老人性イボ)は、紫外線により皮膚の細胞が変化する老化現象のひとつで、加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍です。

発生箇所は、顔面、頭部、前胸部、背部によくみられますが、手のひらと足の裏を除いて全身どこにでも発生します。
色は黒褐色で、大きさは数mmから2~3cmくらいの盛り上がったデキモノとしてみられます。シミに似ていますが、シミよりも皮膚からわずかに隆起していることが特徴です。

アザについて

アザには、黒アザ・青アザ・赤アザ・茶アザ、平らなものからイボのような形状まで、色や形などが異なります。

また、生後まもなく生じるものから思春期に生じるものなど、様々なタイプがあります。原因は未だに解明はされていませんが、医療レーザーによって皮膚に損傷をほとんど与えずに治癒させることが可能です。

通常のものは良性で、悪性に変化する事はあまりありませんが、黒アザに関しては悪性変化をするケースもあります。

青アザ 太田母斑 顔の片側の上瞼、下瞼、前額部、頬、頬骨部 に多く見られる青アザ。口内、耳、鼻にも見られる。
伊藤母斑 鎖骨から肩甲骨、上腕部に見られる。
蒙古斑 幼児の臀部(お尻)にみられ、年齢と共に消える。
異所性蒙古斑 臀部を除く、背中、腕や足に見られる蒙古斑。
赤アザ 単純性血管腫 先天性のもの。原因は毛細血管の拡張増殖。
苺状血管腫 苺の身を貼り付けるような顆粒状の腫瘍。6~7歳ごろには赤みは自然に消退することが多いが、皮膚のタルミなど見た目の醜さを残すことも。
海綿状血管腫 皮下の軟性の腫瘍。皮膚の一部が赤紫色に。
老人性血管腫 中年以降に頭や腕足を除いた部分に米粒大の赤く盛り上がった丘疹ができる。
クモ状血管腫 肝臓疾患が原因でできることが多い。赤い点を中心に放射状に毛細血管が伸びていく。
黒アザ 色素性母斑/母斑細胞性母斑 母斑細胞(正常の皮膚になりきれなかった細胞で,メラニン色素を含んでいる)で成り立っています。 母斑細胞は、皮膚の浅い所から深い所まで様々な深さに分布するため、色調が、褐色から黒色まで見え方が異なります。平坦なもの、イボ状のもの、盛り上がったもの、毛が生えているものなどタイプは様々です。
茶アザ 扁平母斑 皮膚の浅い層に色素沈着した薄い茶色のアザです。通常1回のレーザー治療で消えることがほとんどですが、再発の可能性の高いアザです。ですが、再治療を行うたびに再発の可能性は低くなりますので、根気良く治療を継続することです。
その他 表皮母斑 先天的、もしくは小児に見られるイボ状のアザ。肌と同等の色もしくは黄褐色をしています。
脂腺母斑 多くは出生時に頭部にみられます。黄色い白色~淡い褐色の扁平で隆起しています。将来皮膚腫瘍をきたすことが多いため、通常治療は、切除を行います。

刺青(タトゥー)について

傷痕修正治療(根性焼き・タバコ痕、ヤケド痕、手術痕)

『昔に入れた根性焼き(タバコ痕)を消したい!』
近頃このような相談が多いように見受けられます。

その他にも

  • 手術で残った傷痕を消したい!
  • 小さい頃に負ったヤケド痕を消したい!
  • 傷痕を隠す為にイレズミを入れたが、やはり傷痕もイレズミも両方とも消したい!

などの相談が多くなっています。

理由は様々ですが、「常に肌を隠して露出できない」、「肌を隠さなければならない」、「子供や孫に見せられない」、「他人から指摘されることがある」など、季節の変化、
生命の誕生、進学・就職といった“節目”になると、気にされる方が多くなります。

これらの目立つ傷痕などは、当院できれいに修正し目立たなくすることが可能です。
当院では、その方の事情により、「急いで消したい」、「肌を傷つけずに消したい」など、様々なご要望に対して、レーザーで傷をぼかす方法、削る方法(アブレーション)、
切除・縫縮による方法などがあります。

他院での手術痕、ケロイドなど、様々な傷痕の修正も行っております。
技術が進歩した現代では、手術痕や古傷などを仕方がないと諦める必要はありません。経験豊富な院長がカウンセリング時に、実際に状態を確認し、要望をお聞きした
上で最適な治療をご提案させて頂きます。
他院で断れた傷痕や治せないとあきらめていた傷痕についても一人で悩まずお気軽にご相談ください。
今まで悩んでいた傷痕も気にすることなく、今後の生活を楽しむことができます。

PageTop