肝斑について

肝斑とは
[pic]
シミにも種類がありますが、その中でも肝斑(かんぱん)は日本人の皮膚にできやすく、皮膚の色が濃い人ほどできやすいと言われています。肝斑は30~40歳以上の女性に見られます。
また、肝斑は淡褐色のシミが目の周りを避けるように左右対称にあらわれるのが大きな特徴です。左右にもやもやっと広がったタイプ、左右のほほ骨に沿って筆で書いたようなもの、ほほではなくこめかみや額、口元にできる場合もあります。
肝斑はメイクをしても隠しにくく、顔色が悪く見られることもあります。ちなみに、ほかのシミの特徴は、日光性黒子は淡褐色から濃褐色の色素斑で、顔以外にも手背・前腕・上背に多いといわれています。ソバカスは、顔面に生じる茶褐色の小さな斑点で、幼少時から発症して思春期に顕著となり30歳を過ぎたあたりから少なくなっていきます。シミにも種類がありますが、その中でも肝斑(かんぱん)は日本人の皮膚にできやすく、皮膚の色が濃い人ほどできやすいと言われています。肝斑は30~40歳以上の女性に見られます。
また、肝斑は淡褐色のシミが目の周りを避けるように左右対称にあらわれるのが大きな特徴です。左右にもやもやっと広がったタイプ、左右のほほ骨に沿って筆で書いたようなもの、ほほではなくこめかみや額、口元にできる場合もあります。
肝斑はメイクをしても隠しにくく、顔色が悪く見られることもあります。ちなみに、ほかのシミの特徴は、日光性黒子は淡褐色から濃褐色の色素斑で、顔以外にも手背・前腕・上背に多いといわれています。ソバカスは、顔面に生じる茶褐色の小さな斑点で、幼少時から発症して思春期に顕著となり30歳を過ぎたあたりから少なくなっていきます。
 
肝斑の原因
原因のひとつとして、女性ホルモンとの関連も指摘されています。また、紫外線にあたりやすい部位に症状が現れやすいという点と、実際に紫外線をあびることが症状の悪化と関連している場合が多いので、発症の原因として紫外線が重要であると考えられています。原因の中には、妊娠やピル(経口避妊薬)、ストレスも関係しているのではともいわれています。女性ホルモンのバランスが影響してできるともいわれているため、30代、40代女性に多く見られる肝斑ですが、50歳代後半で新たに発症する人はほとんど見られません。また、逆に60歳代からは症状が治まることも多いともいわれています。
 
治療方法
治療法としては、トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンEの内服やハイドロキノン、コウジ酸、アルブチンなどの美白剤の外用、またはケミカルピーリングが効果的といわれています。ただし、いずれも即効性があるわけではなく、時間がかかります。また、この肝斑は安易にレーザーで取ろうとすると悪化する可能性があるようなので、注意が必要です。
 
予防方法
まず、すべてのシミ予防に関係がありますが、紫外線対策は必須です。なぜなら、肝斑の症状も紫外線で悪化するからです。屋外では帽子や日傘、サングラスなどで紫外線対策をしましょう。屋内でも紫外線の影響を受けますから、日焼け止めは、曇りの日や雨の日、屋内でも必要です。
 
 
再発する可能性があります。
ストレスをはじめ、寝不足など不規則な生活により女性ホルモンのバランスが崩れると、肝斑の誘因になったり、発症後の場合なら悪化につながることも考えられます。また、皮膚への過度の刺激も悪化につながります。洗顔やフェイスマッサージなどで必要以上に激しくこすったり、余計な摩擦を与えないように注意しましょう。内服液などで、肝斑のシミが治ったとしても、一度治ったからといって再発しないというものではありません。肝斑は、女性ホルモンやストレスが発症の原因であるといわれているので、再発する可能性はとてもあります。

 
当院の治療法
 


・肝斑セット(内服薬) トラネキサム酸250mg・ビタミンC
1日3回 30日分 ¥5,500 ⇒ ¥4,400
・ナノHQクリームEX(ハイドロキノン4%配合)
¥2,200
・TAホワイトクリームMD(トラネキサム酸)
¥2,500+税