脂漏性角化症について

脂漏性角化症について

脂漏性角化症は老人性疣贅とも言われます。30代以降に顔や頭部、体に多発する丘疹で、しばしば老人性色素斑いわゆるシミと混ざっている場合もあります。大きさは、小さいものから大きいものまで様々で、色調も混在しています。表皮の加齢変化と言われ、組織学的に表皮の細胞増殖によるもので、表皮基底層を超えることはありません。
治療方法は2つあります。
 
 
 
炭酸ガスレーザー
色素レーザー

* 医師の判断により適切な治療方法をアドバイスさせていただきます。
 
炭酸ガスレーザー
1mm ¥2,000+税 (目元の場合は専用のコンタクトが必要になります。¥1,000+税)
 通常顔の場合は、炭酸ガスレーザーで局所麻酔をして行います。痛みも少なくたった5分ほどできれいになります。
【治療の流れ】
1. 麻酔(局所)
 
 
2. 炭酸ガスレーザー照射

 
3. 処置
(軟膏+ガーゼ付テープもしくはRSファンデーション)
 
 
4. 説明・終了
 
*治療直後は脂漏性角化症が除去され、薄皮が剥けた状態になります。初めは赤みがありますが、徐々に周囲の皮膚となじんでいきます。
 
 
◆ 処置の方法によってご自宅でのケアが変わってきます!! ◆


軟膏+テープ処理の場合
部位により軟膏のみの処置になります。
RSファンデーションの場合
■ 当日〜3日間 ■
小さいものであれば明日まで、大きいものであれば3日間そのままにして下さい。外れた場合や濡れた場合はお渡しする軟膏を塗って下さい。
■ 当日〜翌日 ■
当日より洗顔が可能になります。洗顔をしてもRSファンデーションが残っている場合がありますが、そのままでも特に問題ありません。*化粧水等は刺激を感じる場合は止めて下さい。
■ 3日後 ■
テープを外して洗顔が可能になります。洗顔後、軟膏を塗ってして下さい。
*傷が乾燥する1週間前後を目安に毎日処置を1日2回行ってください。
■ 翌日〜 ■
毎朝、RSファンデーションを塗って下さい。傷の大きさによりますが、傷から浸出液がでてきます。気になる場合はティッシュオフしてお過ごし下さい。だいたい1週間前後で平らになるとともに乾燥していきますのでご安心下さい。RSファンデーションは最低2週間~1ヶ月を目安に塗って下さい。
■ 1週間後 ■
傷が乾燥したら、赤みがでてきます。徐々に消えますが、日焼けによる色素沈着予防のために、日中は日焼け止めを塗って下さい。周囲となじむ2~3週間は強くこすったり刺激を与えないように注意して下さい。


☆赤みは徐々に消えますが、日焼けによる色素沈着・再発予防のために紫外線の多い時期や長時間野外で過ごす場合は、必ず日焼け止めを塗って下さい。