女性の薄毛治療

女性の薄毛の種類とその原因


種 類 症  状
びまん性脱毛症 びまんとは「一面に広がる」という意味で、頭髪全体が均等に脱毛して全体的に薄くなる脱毛症。
中年以降の女性によく見られ、原因は老化、ストレス、極端なダイエット、誤ったヘアケアがあげられるます。
1日に2回以上のシャンプーやリンスのすすぎ残し、乱暴なブラッシングなど間違ったヘアケアも
原因の一つといわれています。
分娩後脱毛症 分娩後脱毛症とは、産後に薄毛が進行する脱毛症。
妊娠中、お腹の子供に栄養を取られ、妊娠後期にはエストロゲン(卵胞ホルモン=排卵の準備を行うホルモン)などの
女性ホルモンによって成長期を維持してきた頭髪が、出産後一気に休止期に入ってしまうために起きます。
通常、半年から1年ほどで自然回復すると言われていますが、高齢出産などで体力の回復が遅い場合などの場合は
自然回復しにくいと言われています。
女子男性型脱毛症
(FAGA:female Andorogenetic Alopecia)
男性ホルモンの影響で脱毛する男性型脱毛症(AGA)の女性版。
老化に伴う女性ホルモンの減少、機能低下により、男性ホルモンの影響を受けるようになり脱毛します。
頭皮が不健康であるために生じている他の薄毛と異なり、毛根そのものが機能低下します。
批糠(ひこう)性脱毛症 批糠(ひこう)性脱毛症は、乾燥したフケを伴う脱毛症です。
フケが毛穴を塞ぐことによって頭皮に炎症を起こし、毛髪が成長できなくなります。
シャンプーのしすぎは逆効果になる恐れがあるので、シャンプーは1日1回、やさしく洗うのが効果的です。
フケが非常に多い場合は、脂漏性皮膚炎などの可能性もあります。
脂漏性(しろうせい)脱毛症 脂漏性脱毛症とは、皮脂の過剰分泌によって頭皮に炎症が起こる脱毛症です。
毛穴に詰まった古い皮脂によって細菌が繁殖し、頭皮が炎症を起こし、その結果毛根が維持できなくなります。
皮脂を落としすぎると、余計に皮脂が分泌されやすくなる可能性があるので注意が必要です。
なお、月経前(排卵から次の月経まで)は黄体ホルモンが出て、皮脂の分泌を促進するため、脂っぽくなりがちです。
円形脱毛症 ある日突然、何の前触れもなく一気に髪が抜け落ちる脱毛症です。
1ヶ所の場合や数ヶ所の場合もあり、頭髪だけでなく全身の毛が全て抜けてしまう場合もあります。
免疫機能を担うリンパ球の働きの異常によって起きる「自己免疫疾患」と考えられており、発症のきっかけは
ストレスやアレルギー疾患などさまざまです。円形脱毛症の治療は保険が適用になります。
牽引(けんいん)脱毛症 ポニーテールなど長年にわたって毛髪を引っ張っていると起きる脱毛です。
なるべく同じ髪型は避け、強い力で縛ることのないヘアスタイルを心がけましょう。


 
75%の女性が髪や頭皮のことで悩んでいます!!
アンケートの結果、75%の女性が髪や頭皮に関する悩みをかかえていることがわかりました。
どんなことで悩んでいるのでしょうか。



  • 質問1
    髪、頭皮について悩んでいることはありますか?


    「YES」と答えた人は75%。年代に関係なく、
    髪や頭皮についての悩みを抱えています。



  • 質問2
    髪や頭皮の悩みは何ですか?


    「ハリ、つやがない」と答えた人が26%で最も多いのですが、
    「ボリュームがない少ない」21%、「抜け毛」19%、「薄毛」
    13%と、毛髪のボリュームダウンにつながる悩みが続きます。



  • 質問3
    現在、髪や頭皮のケアをしていますか?


    髪の悩みを感じている人が70%もいるにも関わらず、
    何らかの対応をとっている人は30%しかいません。


 
 
年代によって、髪や頭皮の悩みや原因は異なるものの「いつまでも美しい髪でありたい」と思う気持ちは同じではないでしょうか。
美しい髪はすこやかな頭皮から生まれてきます。もし、髪や頭皮で気になることがあれば、早めにケアしてあげてください。
 
 
 
 
 
5年後、10年後の美髪を目指しましょう!! 今からできる女性の育毛!!
「育毛」は男性がするもの、というイメージを持っていませんか。実は、女性の方が薄毛の悩みを他人に相談するところには深刻になってしまうため、早めの対策が必要と考えられます。今の髪のボリュームを5年後、10年後も保つために今から育毛について考えてみませんか。
 

育毛って何?
育毛とは、文字通り「毛を育てる」こと。とはいえ、毛髪そのものは角化した(=死んでしまった)細胞ですから、育毛ケアでは頭皮にアプローチします。
コシ・ハリが失われた細い毛髪しか生み出せない頭皮を、太くて丈夫な毛髪が生える頭皮にし、毛髪を頭皮にとどめるのが育毛ケアです。
女性だって早めの育毛ケアが必要です。
当院では内服薬、外用薬を取り扱っています。
 
 
育毛剤を使った育毛ケア
育毛剤には、毛母細胞を活性化する働きや頭皮を清潔にする働き、血行促進などさまざまな効果がありますが、誤った育毛剤を使用すると効果がないばかりではなく、頭皮トラブルを引き起こすこともありますので注意が必要です。
 
 
 
女性の薄毛の治療法
 当院おすすめの発毛内服薬と育毛剤をご紹介します。
内服薬


■ 内服薬
・ ルグゼバイブ


ルグゼバイブについて
■ 内服薬
・ パントガール


パントガールについて


外用薬


■ 外用薬
・ KIPシリーズ


KIPシリーズについて
■ 外用薬
・ ヴェラルティスローション

ヴェラルティスローションについて


その他


■ その他
・ 育毛メソローラー
育毛メソローラーについて
■ その他
・ 美容注射 … 美髪注射・美髪点滴
美容点滴 beauty drip